学生・会社員時代・起業前後

自分らしく生きたければ、自己分析してはいけない

「先生、上司からのパワハラが本当にひどいんです。
給料も安くて、でも転職も難しくて、
家に帰ったら、姑がねちねち、いじめてきて、夫は助けてくれないんです」

あれは、大学3年生の秋。
ボロアパートのこたつの中で、
たまたまやっていた、人生相談をながめていた。

 

そのころの僕は、完全に自分を見失っていた。
トゲだらけの、寒い迷路の中を、
グルグルととさまようような気持で暮らしていた。

 

留学から帰ったばかり。

半年遅れの、就職活動なのに、
自己分析の本すら、見たことがなかった。

ついでに、人生最大の失恋で、気持ちもボロボロだった。

 

 

ベンチャー企業に応募してみたら、

「君、自分がなしたいかも全然伝わってこないなぁ。
一度、しっかり考えてから、
もし見つかったら連絡してみてよ。」

 

なんて言われる始末。

採用、不採用じゃなくて、圏外、みたいな。
何のために自分が生きてるのか、わからなかった。

 

 

 

そんな時に見た、テレビの人生相談。
たまたま、霊能者が、回答する順番だった。
ぷっくりとした体形の男性で、和服を着ている。

 

「あのね、磨くって作業はね、
 無数の傷をつけていくことなんですよ?」

 

 

ををを、なるほど……

 

霊とも死後の世界とも関係ない、
妙に、科学的な一言。

 

霊能力とかには、懐疑的なほうだけど、
そこ一言は、妙に心に沁みてきた。

 

 

 

そういえば、僕は自分への理解が深まった時、
いつも、何かとこすれ合っていた。

 

 

例えば、はじめての留学で、ノルウェーに行ったときも。

学校の食堂で、クラスメートの女の子が、彼氏の膝の上に座ってた。
突然、今までなめてたチュッチャップスを彼氏にあげて、
3分後にまた取り返したりしてた。

おおっぴらにいちゃつく2人に、たまげた。
でも、周りの仲間は、当たり前のように、そんな2人とおしゃべりしている。

 

日本では見たことのない光景だった。

 

ホストマザーが2回離婚していて、それぞれの夫との間に二人ずつ子どもがいて、その3つの家族が、当たり前に訪問しあっていること。卒業間際の高校生が、自分たちで車を準備して、テキーラとビールをぎっしり積み込んで旅行をすること。いつだって自分の意見と立場を、明確にしなきゃいけないこと。

 

異質なことの連続だった。

ステキだなと思ったり、嫌だったり、あこがれたり、しんどいなと思ったり……、

 

いろんな「異質」に出くわすたびに、僕の心が、いろんな反応をした。

「自分って型破りな奴だと思ってたけど、意外と伝統的な家族観を持ってたんだなぁ」
「個性の尊重にはあこがれるけど、ぜんぶ言葉で説明するのも、疲れるねぇ」
「男らしさ、女らしさにしがみつかないこの感じ、自由でいいなぁ」

 

「異質」なものとこすれ合うたびに、自分の姿が見えてきた。

 

 

こんな経験が、就職活動にも、突破口を与えてくれた。

「内にこもって就活本を読んでても、混乱するだけだ! 
外の何かと、こすれ合おう!」

 

大学1年でお世話になったインターンシップ先に、電話をした。
その業界では働く気はなかったけど、
とにかく、実際の「仕事」に、触れてみようと思った。
そこでゴシゴシこすれあったら、何かが見える気がした。

 

就活はほとんどストップして、
新しいプロジェクトに関わらせてもらった。

 

知らない人もいっぱいの中で、電話かけたり、資料をまとめたり、
後輩を世話したり、プロジェクトルームのごみを捨てたり……

怒られたり、ほめられたりしながら、ヘロヘロになって布団に倒れこむ日々。

 

その中で、少しずつ、自分の姿が見えてきた。

 

「そうかぁ、自分は押しつけがましい、冷たい奴だと思ってたけど、
思った以上に、人に関わることに、ついつい頑張っちゃうやつなんだなぁ」

 

 

だから、人材系の会社に入った。
事務作業は壊滅的な下手さだったけど、人とかかわる仕事は、評価された。
うまくいかないときでも、人と関わる部分は、頑張れた。頑張ってしまった。

 

それから十数年。
僕は、コーチとして、チーム作りや異文化理解の専門家として、

人とかかわる仕事をしている。

 

 

僕の姿を教えてくれたのは、就活本じゃなかった。
摩擦、だった。

 

自己分析でも、瞑想でも、神のお告げでもなくて、
人と会うこと、動くことだった。

同じ人たちといると、ほっとする。
だけど、自分の輪郭が、ぼやけてしまう。

 

自分と違う人たちといると、時には疲れる。混乱もする。
だけど、そうやってこすれ合うことで、自分の輪郭がはっきりする。

 

 

異質な人とこすれ合おうっていっても、

理解されずに否定されてばっかりも、きつすぎる。

異質だけど、お互いに新鮮な興味を持てるぐらいが、
ちょうどいい感じかもしれない。

 

 

霊能者の言葉、
自分を磨くっていうのはね、無数の傷をつけていくっていうこと。
宝石を磨くのは、ヤスリ。
そして自分を磨くのに必要なのも、ヤスリ。
何か自分と、こすれ合ってくれるもの。

 

われちゃったら意味がない。
でも、心地よいタオルでこすっても、何も起きない。

 

タワシ、ヤスリ、ちょっととがった人たち。

 

いろんな異質なものと、こすりあう人生を、
これからも歩んでいきたい。

 

自己分析 カフェでものを書く人

photo from Max Pixel: https://www.maxpixel.net/

 

※この記事は、天狼院書店「人生を変えるライティング・ゼミ」の、
メディアグランプリに応募し、いただいたフィードバックを参考に、
さらに書き直したものです。

 

□◆──────────────◆□
体験コーチング受付中!

・会社の責任、家族の気持ち、自分の幸せ・・・
絡み合った要素を整理したい経営者

・今の仕事も好きだけど、ステージアップのタイミング?
外資系/ベンチャーのマネージャー

・人生も仕事も、もっともっと自分らしく!
実力アップもしたいプロコーチ

世界最先端のコーチング技法、
41ヶ国での学びと経験で、
全力でサポートします!

【プロフィール】

株式会社おもしろい研修代表取締役。
コスタリカ国連平和大学(UPEACE)国際平和研究修士。

ベンチャー企業での事業立ち上げを経験した後、
2008年に株式会社おもしろい研修を設立、
コーチング事業・研修事業を開始。

2014年、社会人留学。
コスタリカの国連平和大学にて、
50カ国の学生たちと、
文化を超えたチームビルディングを体験した。

大学院卒業・帰国後は内閣府「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」のファシリテーターを務め、13カ国の若者へのプログラムを提供。
洋上フリースクール「グローバルスクール」にカウンセラーとして世界一周に帯同するなど、国内外の若者の育成にも力を注いでいる。

研修講師・ファシリテーターとしては、
様々なチームでの内部衝突の解決、プロジェクトのキックオフ、ビジョン策定などのサポートをしている。

【実績】
内閣府グローバルリーダー育成
経産省による中小企業の国際化促進事業
ING生命様、
大手SNS運営会社様
イタリア発祥の高級車会社様
など

1607
携帯からのご予約はこちら

 

 

2件の返信 »

  1. 今回の記事、特に素晴らしいな、素敵だな、ご自身にしかかけないものだなと爽快さにも似た清々しい、素敵な印象を受けました。これからの記事も楽しみにさせてください🍀

    いいね

    • わあっ、境さん、書き込みありがとうございます!読んでくれたんですね、嬉しいです(^^)
      失敗繰り返しながら、そして色んなひとに助けてもらいながら、学んできたこと、シェアしていければなぁと思っています。ちょっとずつですが頑張って
      きます!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中