西田のライフストーリー

パン喰い競争って、人生だよね

朝、目が覚めたら、

子どもたちのキャアキャアいう声と、

女性のアナウンスと音楽が聞こえてきた。

 

近所の幼稚園で、運動会をしているらしい。

ちょうどいい天気。

 

 

子どもたちは、泣いたり笑ったりしながら頑張って、

家族はお弁当を作って、スマフォ片手に、歓声を上げている。

 

 

パン喰い競争って、人生だよなぁ・・・

 

 

・・・考えてみたら僕は、壊滅的に運動神経の悪い子どもだった。

餅喰い競争
 

ドッヂボールでもサッカーでも、

「西田はあっちのチーム!」なんて言われちゃうほど。

そんなわけで、運動会の種目も、

かけっことか、リレーとか、騎馬戦とか、

体力勝負なのは、嫌で仕方なかった。

 

そのかわり、
パン喰い競争とか、玉入れとか、借り物競争とか、

おもしろい系というか、

まあ、運動神経がなくても、なんとかごまかせそうな種目に、

立候補することにしてた。

 

そんな僕は、

パン喰い競争でもやってるような気持ちで、
生きているっぽい。

 

 

いや、それどころか、誰かに、

「西田は行き当たりばったりだよね」と言われたら、

反論できない、かもしれない。

 

 

大学に入って半年、ある女の子に恋をした。

合気道で一緒に練習をした、一つ上の先輩だった。

なんとかジタバタ頑張って、お付き合いできるようになった。

でも彼女は忙しくって、全然会えない、メールの返信もない。

 

 

ちょっとスネた僕は、

「どうせ僕より友達とバイトのほうが大切なんでしょ!」

なんて思いながら、大学の廊下を歩いてた。

 

そしたら、たまたま通りかかった教室で、

友達が、何かの説明会を開いてた。

そいつと偶然、目が合った。

 

 

インターンシップの説明会だった。

 

 

ちょっとスネてた僕は、

「どうせ彼女も忙しくしてるんだし」と、

インターンシップをやってみることにした。

 

 

インターンシップ先で、

かっこいい大人たちに出会った。

「自分もこんな大人になりたい」って思った。

ベンチャー企業というものを知った。

 

 

 

卒業して、ベンチャー企業に入った。

入社してすぐ、新入社員研修があった。

 

 

そのプログラムが、めちゃくちゃおもしろかったし、

出会った講師が、めちゃくちゃかっこよかった。

「こんな仕事があるんだ!やってみたい!」って思った。

 

 

1年ほど働き、色々あって会社を辞めた。

癒しとかマッサージに興味を持っていた僕は、

スーツを脱いで、マッサージ屋さんで働くことにした。

 

 

合気道は続けていた。

マッサージ屋が閉店してから稽古に行ったら、

年上の稽古仲間から、

「なんで最近、スーツじゃなくて私服なの?」って聞かれた。

「いやぁ実は会社を辞めまして……」なんて話したら、

「それなら、おもしろい社長がいるから紹介するよ!」と言われた。

 

 

それまで知らなかったけど、この稽古仲間は、経営者だった。

 

 

そして、紹介された社長は、

これから、研修・人材育成の事業を始めようとしていた……

 

 

そしていろんな出会いや、別れを経て、

僕は、独立して、研修講師として、人材育成のお仕事をしている。

 

目の前のものに、喰いついて。

 

 

そこで思ったことから、また次の何かを目指して。

行き当たりばったりかもしれないけど、

なんだか、結構おもしろい人生を生きている気がする。

 

 

あの時、社長に紹介してもらわなかったら。

あの時、インターンシップに行ってなかったら。

あの時、彼女に告白しなかったら……

 

 

 

僕たちは、それぞれの道を走っている。

目の前の、まだ誰も走ったことのない道。

 

 

そして向こうに、パンがぶら下がって、揺れている。

 

 

どんなパンかはわからない。

分かっていることは、

まずそのパンを喰いちぎらないと、

その先には進めないってこと。

 

 

走り始めたら、

まずは、手近なパンに、

喰いついてみるしかない。

 

 

「どれが一番おいしいパンかなぁ、届くかなぁ」

なんてためらってると、

 

 

めぼしいパンは、どんどんとられていってしまう。

だから、一瞬で、一番手近なパンを選んで、思い切りジャンプする。

 

 

そしてパンを食いちぎって、

もぐもぐしながら、走る。

 

喰いついたパンは、アンパンかもしれない、

歯がおれそうな堅いパンかもしれない。

カレーパンかもしれないし、

めちゃくちゃおいしいクリームパンかもしれない。

 

 

「うまい!」だの「激辛やん!」だの思いながら走る先には、

次のパンが並んでいる。

 

 

さっきよりほんの少し賢くなったあなたは、

ほんの一瞬で、ほんの少しの判断をして、

さっきより、すこしだけおいしそうなパンに喰らいつく。

 

 

その判断は、

大当たりかもしれない、大外れかもしれない。

それでも走り続ける。

 

そしたら、またパンが見えてくる……

 

 

一瞬の判断で走り寄る。

 

跳びつく。喰いちぎる。そしてまた走る。

 

 

そうすると、次のパンが見てくる。

 

そんなことをしてるうちに、

美味しいパンを見つける力が、ついてくる。

飛びつく脚力も、上がってくる。

 

 

人生は、実際のパン喰い競争と違って、

スタートとゴールは人それぞれだし、

パンも一個だけじゃなかったりする。

だけど……

 

 

まずは目の前のパンに喰いつかないと、

何も始まらない。

そして……

 

 

最初からおいしいパンに巡り合っても、

まだまだ、人生は続いている。

美味しさを楽みつつ、

次に向かって走り続ける。

 

 

時には、マズいパンにも出くわすけれど、

だからって人生終わるわけじゃない。

あなたは少しずつ賢くなって、

 

 

一瞬の判断で、前よりもよいパンを選べるようになる。

そうやって、走って、跳んで、喰いついて・・・

あなたのレースが終わるとき、

 

 

顔を真っ赤にして、

モグモグやりながら走り切ったあなたには、

拍手と歓声が待っている。

 

そして、マズいパンも、コケたときのことも、

なぜだか、いい思い出になってしまっている。

 

 

ほら、目の前に、

まだ誰も走ったことのない道がある。

 

 

僕にしか走れない道がある。

あなたにしか走れない道がある。

 

 

走り出すことは、あなたにしかできないけれど、

かたずをのんで、応援してくれる人がいる。

 

・・・・さて、お次のパンは?

 

 

付記:こちらは、天狼院書店の、ライティングゼミの宿題として執筆したものを、

フィードバックをもとに修正したものです。

めちゃくちゃ濃密で、チャレンジングで、おもしろい講座です。

 

□◆──────────────◆□
体験コーチング受付中!

・会社の責任、家族の気持ち、自分の幸せ・・・
絡み合った要素を整理したい経営者

・今の仕事も好きだけど、ステージアップのタイミング?
外資系/ベンチャーのマネージャー

・人生も仕事も、もっともっと自分らしく!
実力アップもしたいプロコーチ

世界最先端のコーチング技法、
41ヶ国での学びと経験で、
全力でサポートします!

【プロフィール】

株式会社おもしろい研修代表取締役。
コスタリカ国連平和大学(UPEACE)国際平和研究修士。

ベンチャー企業での事業立ち上げを経験した後、
2008年に株式会社おもしろい研修を設立、
コーチング事業・研修事業を開始。

2014年、社会人留学。
コスタリカの国連平和大学にて、
50カ国の学生たちと、
文化を超えたチームビルディングを体験した。

大学院卒業・帰国後は内閣府「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」のファシリテーターを務め、13カ国の若者へのプログラムを提供。
洋上フリースクール「グローバルスクール」にカウンセラーとして世界一周に帯同するなど、国内外の若者の育成にも力を注いでいる。

研修講師・ファシリテーターとしては、
様々なチームでの内部衝突の解決、プロジェクトのキックオフ、ビジョン策定などのサポートをしている。

【実績】
内閣府グローバルリーダー育成
経産省による中小企業の国際化促進事業
ING生命様、
大手SNS運営会社様
イタリア発祥の高級車会社様
など

1607
携帯からのご予約はこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中