泣いてて、いい(大切な人をなくしたら)

大切な人をなくしたら、
めそめそしてていい。

 

すぐに立ち直ろうとしなくていい。

 

自分自身が上機嫌でいたい人たちや、
自分自身の悲しみや、人生にいやおうなしに存在する辛い側面に、
向き合いたくない人たちが、
笑顔であなたの話を遮り、
励ましてくることもあるだろうけど。

 

悲しくていい。

とめどなく涙が出てていい。

立ち直ったと思ったのに、
また痛みが訪れて、
いつまでも忘れられなくても。

 

それでいい。

 

できれば、そんなあなたの話に、
慌てず、焦らず、遮らず、
「そっかそっか」って、そばにいてくれる人のところで、
どっぷり、悲しめばいい。
そのうち、涙の後に、
あるいは涙の合間に、

 

朝日や、
誰かの笑い声や、
樹を登るアリや、
紅茶の香りに、
美しさを感じたら、

あなたの心が、
少しずつ、呼吸をはじめている証拠だから、

 

安心して、
また一泣きすればいい。

 

「あなた」を失ったからこそ味わえる、
その美しい光景を、
「あなた」と共にできない悲しさを、
また泣けばいい。

5件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中