祈り

昨日死別・喪失について書いて、さらに思ったこと。

 

個人的には、このテーマ(死別・喪失)でのセッション、
すごく・・・不謹慎かもしれないけど、
嬉しいし、やりがいを感じる。

 

僕自身の原点の一つが、
姉を亡くしたところって言うのが大きくて、

 

だから、これまでやりたくて、
ずっとできなかったのが、
できるのが嬉しいというのもある。

 

ほんとに、
大切な人を亡くすと、
いろんなことがおきる。

 

セッションで出てくる話も、
本当に多種多様。

 

そうだよなぁと思うけど、
実際にやってみると、
本当にびっくりするほど、
人それぞれ。

 

 

それが、すごく共感もするし、
不謹慎だけど、とても興味深くもある。

 

今まで僕が個人として経験してきたことが、
確かに役に立っている感もある。

 

そして同時に、

 

その人の、
「祈り」のようなものに、
触れさせていただけることが嬉しい。

 

悲しみも、怒りも、夢も越えて、
心の奥底にある、

 

その人の、祈り。

 

望みや、希望や、他者への想い。

 

届くか届かないかじゃなく、
叶うか叶わないかじゃなく、
胸に宿ってしまった想い。祈り。

 

時には、震えながら、
それでも、形をとろうとしている想い。祈り。

 

そして強さ。
人って、美しいなって。
そう思わせてくれる瞬間が一杯あります。

コメントを残す