読書、映画、アニメ

デジタルデトックス終了!あと読んだ本を紹介

そんなわけで、デジタルデトックス終了しました!
しばらくご連絡できなかった方、申し訳ありません!

 

4泊5日って感じかな。

 

あ、別に温泉に行ったりタイに行ったりしたわけではなく、
家にいたんですけれども。
(あ、でもスーパー銭湯的な温泉には連れて行ってもらいました!)

 

ゆっくりして、十分寝て、毎日6キロ以上は歩き、
インサイトマップその他のセルフワークをし、

 

いろんなことに思いを馳せ、
じっくり本を読み返しました。

 

 

ええっと・・・とりあえず携帯依存症ではなさそうです(笑)

 

仕事関連で、まあ必需品ではあるけれど、
オフラインになっても寂しくはない。

 

 

あとは・・・ぐっすり眠りました。

別に、今まで、
眠れない感があったわけじゃないんだけど、
目覚めの「よく寝た!!」感が違う!

 

多分、寝る直前まで仕事してて頭がざわざわしてるとか、
ブルーライトとかも関係するのかなぁなんて思って。

 

ここのところ、せわしない毎日で、
お正月とかも含め、
ずっとオンラインで仕事やらのことが頭にあって、
しっかり、頭をとめられてなかったんだなぁと。

 

そういうものが、ちりも積もれば山となりで、
意外と頭のメモリを占領して、
パフォーマンスを落としてた見たいだなぁと。

 

 

そんなわけで、
しっかり、完全に止まるって大切ですね。

 

 

これからは半日でも一日でも、
今日は休むぞって決めたら、
きちんと電源切って、オフラインにしちゃおう。

 

やっぱり、10時以降はパソコン・携帯さわらないとか、
そういうマイルール決めよう~。

 

■■■
そして・・・
大切な本を、読み返しました。
新しい本も一冊。

筒井フランクルズーニー

書評・・・というレベルじゃないですね。
僕の感想。
読み返したのから行くと、

 

■ヴィクトル・フランクル「それでも人生にイエスという」
今までの人生で唯一、
「作者も知らないのに、なぜか本棚で後光がさして見えた」本。

 

僕がいっちばん苦しくって、
生きる意味がわかんないときに、
なんか、本屋さんで、ここだけぼやっと光ってる感じで、
別の日に行っても、やっぱり売れ残ってて、
じゃあ、と思って買った本。

で、読んで、
ガツン!
頭を殴られたような衝撃を受けた本。

 

大切な人に、
「別に、すぐ読まなくてもいいから、
本当に、大変なことになったときのために、
手元に置いておいてね」って、
プレゼントしたい本。

 

今回読み返して、
やっぱり、読むたびに、
毎回響くところもあるし、
新しく感じることもあるね。

今回は・・・
もっと、苦労や苦悩を避けようとせず、
もっと勇気を持って、
進んで行こうって思いました。

 

■山田ズーニー「大人の小論文教室I・II」
僕がこれまたほんとに大変だったときに、
友人が進めてくれた「ほぼ日:イトイ新聞」の
コラムを本にしたもの。

 

ズーニーさんは、
書くということを切り口に、
自分と向き合う、自分を表現するということに向き合う、
多分、日本で一番の人だと思う。

 

たとえばこんなコラム。
「独占欲ってなんですか?」
https://www.1101.com/essay/2000-12-06.html

これはもう、何度も読み返した(笑)

 

ちょうどほぼ日で読み始めたときは、
チリにいたので、
もう目をシバシバさせながら、
一生懸命にネットで見てた。

 

改めて、よかった。

なんかさ、
毎回ぐっと来て、熱い気持ちになって、
そして、目が潤むんだよね。

 

熱い心と愛が、こう、ぐっと来る。

 

僕自身の、
社会人の最初のころ、
起業したころ、
そういうときの気持ちが、
呼び起こされるのもあるんだろうけど。

 

おとなの小論文教室は、
三冊目が出てるみたいだから、
また買おうと思いました。

僕は、1巻目が今のところ、特に大好きなんだけど。

うーんと・・・

僕が言うのもなんだけど、
下手なコーチング受けるよりも、
この本をじっくり読みながら、
考えたほうがいいんじゃない?ってぐらい(笑)。

 

いつか、この人と仕事できたら、
本当に幸せだなぁ。

 

■神林長平「だれの息子でもない」
長平さん大好き。

 

雪風も、膚の下のシリーズも、いろいろと。
ただ・・・まあ好き嫌いはあるよね。

 

「誰の息子でもない」は、
いろいろユーモアが詰まってて、おもしろい。
後は結構、権力とか、
そういうものに関する考察も盛り込まれてて、

 

ちょっと社会的な色合いも強くて、
すこし、変わったかな?という感じでもあります。

楽しみました~♪

 

■新しく読んだのは、筒井康隆「モナドの領域」
いやー、やっぱりこの人、すごい!

 

や、安易に人を天才とか言いたくないし、
いろんな苦労や努力の末だとは知りつつも、
この人天才だ・・・と思わずにはいられない。

ネタバレになるので、詳細はいえないけれど、
筒井さんおなじみの、あれをしつつ、
でもまったく、古びてないというか、
新しい切り口というか。。。。

 

ガスパールの実験的・野心的な感じともちがい、
なんというか・・・円熟味というか老練というか・・・

さすがです。
筒井康隆は大好きで、
断筆以前の作品は、8割がたは読んだと思う。

 

で、執筆再開以降の作品は、
2つほど読んで、
どうもぴんと来なかったので読んでなかったけど、

 

これは、読まないと!

まずは聖跡からかな?

 

まあ、もう俺はもう、ファンになっちゃってるので、
すごいすごいって言っても、
もうちょっと、信憑性ないんだけど(笑)

最近また、少しリバイバルしてるらしいですね。
「パプリカ」も「時かけ」も映画になったし、
「旅のラゴス」も、「残像に口紅を」も、平積みされたりしてますね。
嬉しいなぁ。

 

そんなこんなで、
幸せな読書生活でした。

 

 

他にも、
ルグヴィン「ゲド戦記」とか、
エンデ「はてしない物語」「モモ」とか、
夢枕「上弦の月を食べる獅子」とか、
トゥルンパ「シャンバラ」、
ウィルバー「万物の理論」「無境界」とか、
中村天風とか、クリシュナムルティとか、
「無師独悟」とか、

 

じっくり読み返したい本は色々あるけれど、
時間の都合上、さすがにすべては読めない・・・
(あと、いくつか見つからない本が・・・涙)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中