ほぼ無力であるということ。

そうか、そういうことかぁ!
つまりは、無力から、始めればいいってことだ。

 

地球で起きていること、人類全体におきていること、
もちろん、素敵なことも一杯おきているけれど、
クソみたいなことも一杯おき続けている。

 

そしてこれからもおき続けるだろう。

 

そしておそらく、僕もその一端を担っていることがある。

 

これからも戦争はおき続ける。
人は人を殺し続ける。
もっと酷いことだってし続ける。

 

それに対して、僕ができることは、圧倒的に小さい。

 

仮に10回生まれ変わっても、
たった一つの戦争をなくすことすら、できないかもしれない。

 
国内で起きている、もっと身近な問題だって、
簡単には無くせない。

 

たとえば、半径100メートルのどこかに、
今すぐ死にたいって思っている人が、おそらくいるということ。

 

その人を一瞬笑顔にすることすら、できないかもしれないということ。

 

仕方ない。

 

だって世界は大きいんだから。
そして、人間である僕は、ちっぽけなんだから。

 

たとえば、もしも世界から戦争がなくなるとしたら、

 

それはもっと大きな流れなわけで、
仮に、もしも神がいるとしたら、その意思みたいな話しかもしれないし、

人類はやっぱり何千年もかけて賢くなってたのかもしれないし、

 

ただの偶然なのかもしれないけれど・・・

それはそれで、やっぱり、
あがらえない流れで、とめることもできない。

 

それはそれで、やっぱりほぼ無力ってことだ。

 

つまり、どうせ、ほぼ無力なわけだ。

 

チャレンジしたら失敗するだろう。
世界を見渡せば悲しいことに出会うだろう。

 

戦争は、おき続けるだろう。
自分の人生すらままならないこともあるだろう。

 

だからって、自分を責める必要はない。
だからって、人生を悲観する必要はない。
だって、もともとほぼ無力なんだから。

 

それが事実なんだから。

 

で。

そこから始めればいい。
何かやり続けたら、時にはうまく行くことも、あるだろう。
動き続けたら、ちょっとは変わることも、あるだろう。

 

そこをみていけばいいってことだ。

 

やり続けた自分を。
ささやかながら、何かできたかもしれない瞬間を。

 

その旅路で出会えた人や物事を。
本当に、ちょっとしかできないかもしれないけれど、

ちょっとだけやってみた自分を、
ちょっとだけを続けた自分を、

望み続けた自分を、
あきらめかなった自分を。

 

この世界の大きさに直面して、
それでも、何かしてみようと思っちゃった自分を。

 

時には、ミラクルが起きることもあるかもしれない。

でも、おきなくてもいいわけだ。

 

時には、思ったよりできることがあるかもしれない。

でも、できなくてもいいわけだ。

 

ただ、いま、自分がやるべきことを、できることを、

ちょっとずつ、やっていけばいいんだ。

 

それしか、できることはないんだから。

 

そして、それをするということは、できるんだから。

 

ほぼ無力だからって、何もしなかったら、

 

本当に何もできない。
何もおきない。

 

そしたら、何かが起きる可能性すら、作れないんだから。

 

ほぼ無力な自分から始めて、

 

それでも望み続け、この世界に対して、働きかけ続けよう。
そしたら・・・たとえ何も起こせなかったとしても、

 

人生の終わり・・・

ちょっと満足して、死んでいけるかもしれない。

“We can not do everything, but we can do something.”