アフリカって、どこ?

「早く行きたければ、一人で行きなさい、遠くへいきたければ、一緒に行きなさい」
という言葉の出所がわからない・・・

というか情報が適当すぎる。

まず、アフリカのことわざってのと、
ネイティブアメリカンのことわざっていう、二つの情報があり・・

英語で調べてみた限り、
なんとなくアフリカという情報のほうががおおいっぽいんだけど。

国とか、民族とか、地域までは不明。
ネイティブアメリカンじゃないって証拠もないし。

アフリカってでかいんだよね。50カ国以上。さらに様々な民族。
ネイティブアメリカンも一杯いるんだよね。500部族以上。

ほんと、情報源のチェックなんて誰もしないんだなってのと、

もうアフリカもネイティブアメリカンも、
ほとんどもう適当に十把ひとからげなんだなってのと。

大陸レベルで十把ひとからげじゃなくて
大陸すら越えてだもんなぁ。

強烈だなぁ。
「ニーハオ、ひろ!」
「えっ?日本から来たの?じゃあテコンドーできる???」
「日本人なの?こんどトムヤムクン作ってよ!!」

とかよりも、

さらに適当なまとめ方なんだけどなぁ・・・・
まだこれなら、アジアだし。

昔、うちにステイしてたベネズエラからの留学生が、
「ベネズエラには、トイレはあるんですか?」って聞かれて、

苦笑してたけど・・・
(ベネズエラはトイレあります。
 というかコンピューターの使い方とか日本人より使いこなしてます。
 いろんな事情で、海外からの物が手に入りにくいのは事実だと思いますが。)

まあそんな感じなんだろうね。

もうなんかどっかで良くわからない(そしておそらく、「自分たちより劣った」)
生活をしている、みたいな。

あるいは、逆に美化して、「すばらしくシンプルで精神的に高度な生活をしている」。

みたいな。

どちらも、自分の都合のよいように、他者を見ているだけであるのは変わらないんだけど。

このことわざって、
スピリチュアルっぽいひとや、

社会問題に興味がある人や、
「人を大切にする」人に好かれているものだと思うんだけど。

悲しいなぁ。

もっとその先に、行きたいなぁ。

コメントを残す