【国連平和大学】コスタリカ・フィリピン

ポジティブアプローチのおすすめ本教えて!!

ソリューションフォーカスやポシティブアプローチの畏友の皆様
今、国連平和大の図書館に、ポシティブアプローチ的な本を増やせないかと画策しています。

ソリューションフォーカスや、AIなど、
解決構築、ストレングスベースド、リソースやビジョンに基づいたアプローチのものです。
(現状では・・・問題に関する本ばかりなわけです)

国連平和大図書館University for Peace
お勧めの英語の本があったら、ぜひ教えてください。
特にこんな本を探しています。
・インスー/スティーブによるSFの本で、
 カウンセリングに限らず国際協力などにも適用する余地の多い本
・コミュニティ開発や紛争解決、開発支援などへのSFその他の適用
・ポシティブ心理学の入門書、きちっとアカデミックなもので、網羅的なもの。

今のところ、図書館に購入申請をしようと思っているのは・・・

SFでは:
ポールとマークの”ソリューションフォーカス”
Frederikeの”Solution focus conflict management”
インスーとピーターの “Brief Coaching for Lasting Solutions”

それ以外では、
“Power of positive deviance(よい逸脱)” by Pascale et al.
“オープン・スペース・テクノロジー” by Owen
“AI(appreciative inquirey) ” by Cooperrider
“フューチャー・サーチ” by Weisbord et al

予算が限られているので、すべてを頼むことはできないのですが・・・
厳選してお願いするつもりです。

スーヤングのSFいじめ解決と、
キャスティンらのSF教育は見つからない・・・

お知恵貸してください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中