記事・動画・情報のシェア

かっこいい大人で

界船で出会った、僕が心から応援している若者の一人が、
新聞に載りました。

 

バングラディシュで弾圧を受けている先住民族、
「ジュマ」の学校に行くとのこと。

 

たぶんこういう人たちが、今の10代20代に一杯いて、

 

僕たちが持ったこともないような想いを持ち、
僕たちが気づきもしなかったような方法で、
僕たちが思いもしなかった未来を、
作っていくんだ。

 

 

静岡新聞 渡部清花 記事
もちろん、僕たち大人の側が、その可能性を感じられず、
ダメだとか、どうのこうの、言いたくなるのは、
仕方ないことかもしれない。

 

だって、その若者達が持っているものは、
僕たちが見たこともない、持ったこともない発想と考え方だから。

 

つまり僕たちの認知の枠を超えたものだから。

 

ノルウェー語を話せない人にとって、
ノルウェー語が宇宙語にしか聞こえないように、

 

彼ら/彼女らが見ている世界は、
僕たちの予想や経験を超えたものだから。

そう。
ちょうど未来が、いつだって僕たちの予想を超えるように。

 

で、そんな若者を馬鹿にすることは、とても簡単なことだけど、

 

僕は、かっこいい大人でいたい。

 

「よくわからない」と感じる他者に出合ったとき、
バカにせず、その人の可能性を見て、
根気強い対話を通して理解し合い、

 

「オレも負けない、一緒にがんばろう」といえる、
かっこいい大人でいたい。

 

 

そしてそれは、世界の戦争や平和とつながっていると思う。

 

国境や文化の向こうの、異質な人たちとつながり、
根気強く対話し、一緒に未来を作ろうとすることもできる。

 

国境や文化の向こうの、異質な人たちを、
自分より劣った人間として、あるいは圧殺すべき脅威として、
排除することもできる。

 

そして、世代や時間の向こうの人たちを、
排除し攻撃するのか、

それとも、尊重し、対話し共に未来を作ろうとするのか。
これも、選ぶことができる。

 

そして、別の国や文化に属する人にどう対応するのか。
別の時間や世代を生きる人にどう対応するのか。

 

その態度の違いは、
実は、世界が、戦争を増やすのか、平和を築くのかに、
大きく影響を与える要素だと思う。

 

で、僕はせっかくだから、
自分自身が、かっこいいほうの大人でいる時間を、
自分自身が、平和を作り出せるほうの人間でいる時間を
増やしたいと思う。

 

だって僕が住みたい世界は、
より平和で、より安全で、
よりクリエイティブで、よりおもしろい世界だから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中