コーチング論

ピーター・ザーボ氏の通訳、楽しかった!!

金沢で、ピーター・ザーボのセミナー通訳、楽しかった!
参加者は、精神科医・カウンセラー・心理療法家など。

 

僕自身も通訳に限らず、
ボディワークの部分の講師をしたり、
一緒にセミナーの流れを考える機会ともなって、
楽しい時間でした!

 

内容はとても深く、そして、
アクティビティ中心でとても実践的なもの。

 

参加者同士のコーチングや、
さまざまなワーク、シェアリングをふんだんに取り入れ、

ソリューションフォーカスの理念について
具体的なスキルや、
少ないセッション数で永続的な効果を出す方法などを学びました。

 

 

ザーボ氏による実際のでもコーチングも、
まさにソリューションフォーカス!という感じのセッションでした。

自分自身のコーチングのやり方や枠組みを、
再検討してみるとてもいい機会になりました☆

 

その中でも・・・・

 

やっぱり、基本中の基本、ではあるんだけど、
コーチがどんな考え方を持っているかが、
相手と、相手との関係性に強い影響を与えるということ。

 

そして、コーチとして、謙虚であること。

 

クライアントさんが前進するとき、
実は僕たちは、何もしていないのかもしれなくて、

 

ただ、本人が想い、目覚め、
歩き出し、新しい現実をスタートしていく場に、

 

頭をたれ、敬意を持って、

 

ただ、立ち会っているだけなのかもしれないということ。

ちょっと自分のコーチング観を考え直しはじめています。

そして観光も含め一緒にすごしたことが、

またとても楽しかった!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中