想い

なぜ、BOPビジネスに力を注ぐのか?

最近大切な仲間に、自分の決意を伝えたメール。

最近、BOPビジネスのリーダーを支援することに全力を注いでいます。

ブログ用に、ちょっと編集。

(BOPとは、BASE OF PYRAMIDの略。
ビジネスの力で、世界の貧困問題に挑戦をするものです。
別名インクルーシブビジネス。
よく知られているのは、川の水をろ過して飲めてしまう「ライフストロー」でしょうか。)

いつか僕自身が現地・・・おそらくバングラディシュで、

色々なことを見て、経験してくる必要がありそうです。

 

***************

私は高校・大学と留学をしていました。

そして、向こうでクロアチア難民の女性に初恋をし、

世界中の仲間とのつながりを持つことができました。

 

しかし国直後に9.11同時多発テロが起き、

そのときのショックから、人と人とが共に歩む場を広げたいと、現在の仕事をしています。

そしてコーチ・ファシリテーターとして活動する上で、

自分自身の価値観も明確になってきました。

 

 

やっぱり僕が大好きなのは、

・マルチカルチュアルな場。色々な背景を持つ人たちが入り乱れている場所。

・型破りな人。他人から見て、時にはKYなんて思われるような人。「変って言われて、嬉しい人」

・もちろん、具体的でサステイナブルな社会貢献は、外せない。

 

 

そして、常識破りなリーダー達と、世界の難問に挑戦しながら、

もっとおもしろい世界を作って行きたい!

これから、BOPビジネスの支援を中心に、

さらに、型破りで、社会貢献性の高いプロジェクトをサポートしていきます。

 

西田 博明

:::::::::::: 【西田の背景】 ::::::::::::::::::::::

■私は5年前に今の仕事をはじめました。

 

でも、その道を歩むきっかけとなったのは、10年前でした。

留学と、911と、ある少女が、今の僕を突き動かしています。

10年ほど前、私は、ノルウェーに留学をしていました。

そこで、いろんな経験をしました。

 

レポートに苦労したり、現地の人とサッカーをしたり、

ランチタイム、先生のモノマネをして爆笑したり、

雪に穴を掘って、一晩を過ごしたり・・・

最初は苦労しましたが、ノルウェー語も覚え、

少しずつ、現地の友達ができてきました。

 

 

■世界中の留学仲間とも知り合うことができました。

ゲーム大好きなホストブラザー、

アメリカから来た、おてんば娘のレイチェル、

踊ってばかりのラテンアメリカ人たち、

やんちゃなドイツ人のヤコブ、

時にはアジア人同士で、ゆったりと時を過ごしたりもしました。

 

信じられないくらい多様で、理解できないくらい違いがあって、

それでも、やっぱり同じ人間だなって思いました。

お互いの違いを受け入れあって生活するとき、

 

そこにはとびっきりの刺激と、

不思議な安心感がありました。

 

 

■僕はよく言うと個性的、

今風の言葉で言うと、KYでしょうか(笑)?

 

小学生の頃は、授業中立ち歩いて、先生を苦労させていました。

たまりかねた先生が、「特殊学級に入れたほうが・・・」 なんていうぐらい、

1人で学級崩壊をしていました(笑)

 

今も、周りから「変わってる!」って言われる方ですし、

そういわれると、ニヤッと、嬉しかったりします。

 

 

それでも、高校生のときは、コミュニケーションが上手でなかったこともあり、

クラスの中で、疎外感を感じることもあったのですが、

多文化な環境にいると、変で当たり前。

 

周りの奴らもおもしろい奴らで、

自分も、そのままの個性で、丸ごと受け入れられている。

そんな安心感と、強烈な刺激を楽しんでいました。

 

 

■そして初恋もしました。

難民としてクロアチアからやってきたマリアナ。

外国人向けのノルウェー語の授業で知り合いました。

好奇心に満ちた、美しい青い目。

 

いつも背筋を伸ばして歩く、

とても優しくて、きれいな、年上の女性でした。

 

最初は、彼女のいる授業が楽しみになりました。

そして、廊下ですれ違うだけで、妙にテンションが上がるようになりました。

スクールバスで、彼女が他の男の子と一緒に居ると、いてもたっても居られない気持ちになりました。

 

 

帰国するときの別れ際のハグ。

 

彼女が「グッドラック!」といいながら、軽くキスをしてくれました。

もはや、彼女に真意を聞くことはできないのですが、

僕の人生初めての、挨拶以上のキス・・・だったかも知れません。

 

日本に帰ってきてからも、留学の思い出で、胸が一杯でした。

日本の高校生としての生活を再会しながら、

仲間やマリアナのことを何度も思い出していました。

 

 

■そんな時、9・11同時多発テロが起きました。

なんどもなんどもリプレイされる、

旅客機と貿易ビルの激突のシーンを観ながら、

足の力が抜けて、立っていられないほどの衝撃を受けながら、

目の前に起こっていることが、信じられませんでした。

 

仲間の無事を祈りながら、

今まで、あれだけ仲良くなった仲間が、

少しずつ、溶け合っていくように見えた世界が、

一気にばらばらになっていくような、そんな気持ちでした。

 

 

■そして、ある冬の日、

ニュース画面に、あるアフガニスタンの少女が映っていました。

 

大きく口を開けて笑う、とてもかわいい女の子でした。

スラブ系。

ちょっとカールのかかった金髪、

ふっくらしたほっぺたと、かわいい鼻。

 

教会の天使を連想させるような、そんな女の子が、

ケラケラと、笑っていました。

 

 

僕は、初恋の、マリアナを思い出していました。

 

 

■そして、キャスターが言いました。

「このかわいい女の子、実は、楽しくて笑っているんじゃないんです」

「・・・実はその日の朝、彼女に家にミサイルが打ち込まれました

そして、彼女の家族は、吹き飛ばされてしまったんです」

「それから、彼女は気が狂ってしまって、笑い続けているんです」

 

 

■・・・・ショックでした。

そんなに簡単に、理不尽に、人の命がなくなることが、とても悲しかったです。

 

祈る以上のことが何もできない無力感に打ちのめされながら、

それでも僕は心から、こんな悲しいことは繰り返して欲しくないと思いました。

そして、自分の人生の方向性が変わったと、思いました。

 

 

■「今はまだ高校生で、何もできないけれど、

違いを違いとして受け入れられること違いがあるからこそ、

おもしろいんだ、素晴らしいんだっていえること

肌の色や、言葉や、宗教で人を区別せず、

「同じ人間だよね」っていえること

お互いの幸せを喜び、お互いの悲しみを分かち合えること

そしてそれを踏まえて、一緒に未来を創っていけること。

 

 

そういったことの大切さを、知っている。

そしていつか、そんな考え方を拡げて行きたい」と思いました。

 

 

■あれから、10年。

学問をやったり、ビジネスをやったり、

自己啓発をしたり、自分に何ができるかを探し続けました。

 

そしてやっと、コーチング・ファシリテーションと言う仕事に出会いました。

コミュニケーションを通じて、お互いの違いを活かしながら、

分かり合いながら、心から信じ、応援しながら、未来を創っていく。

 

 

もしも世界が平和になることがあるとしたら、

おそらくそのとき、僕たち人類は、

こんなコミュニケーションをしているんだろうと思います。

 

 

■そして私にとっては、コーチング・ファシリテーションをすることが、

とても楽しいことなのです!

 

一緒に身体を動かしたり、笑ったり、未来や過去を行き来したり、

そうやって頭と心をフル回転させながら、

一緒に未来を創っていくという作業が、とても心地よい作業なのです。

 

クライアントさんの人生の話を伺えたり、

お互いに予想もしなかった戦略や、

クライアントさんご本人だけでなく、周囲の人まで幸せにしてしまう目標や、

それぞれの、生き方の多様性に触れるたびに、

深い喜びを感じます。

 

 

コーチ・ファシリテーターとして、自分の個性を活かしながら、

貢献できることが、嬉しくて仕方ありません。

 

 

■そして僕は、型破りで、「変!」な人が大好きだし、

多様性にあふれた多文化な空間が大好きで、

やっぱり、貢献感を感じるとき、幸せを感じます。

 

自分が、プロとしての技術・能力を提供する事で、

彼らのパフォーマンス向上や、ビジョン・ミッションの発見・実現がなされ、

この社会・世界に、あっと驚くような変化を起こせるようなコーチでありたいと、思っています。

こんな背景から、BOPビジネスのリーダーたちを、プロとしてサポートしようと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中