メッセージ

9/11。幼い少女の姿。忘れられない想い。

夏がまだ頑張っていて、でも窓の外では、秋虫も鳴いています。

皆さんは、どんな週末だったでしょうか。

 

今日は、9月11日。 震災から半年、

そして同時多発テロから、10年ですね。

 

僕にとっては、今までとこれからに思いをはせる一日でした。

 

2001年、僕は高校生でした。

 

留学から帰ってきて、大阪府高槻市の高校に通い、

夏休みの宿題を片付け、新しいクラスメートと、体育祭の準備をしていました。

あれから10年、今も心の中に鮮明に刻み込まれている、

 

忘れられない光景があります。

テレビの向こうで、すこし土のついた服を着て、

高らかに笑っている、アフガニスタンの少女の映像です。

その映像と、レポーターの話が、僕を今も、突き動かしています。

 

*        *        *        *

テレビを見ていた僕は、留学関のノルウェーから帰ったばかりでした。

 

「若者に異文化体験をさせ、 

 文化を越えた相互理解と、相互依存を広めることで、 世界を平和にする。」

 

そんなことを掲げる、AFSという団体のプログラムでした。

 

*        *        *        *

その留学で僕は、初恋を経験しました。

マリアナと言うすこし年上の女性で。

美しく、思いやりにあふれた女性でした。

クロアチアからの難民、20歳ぐらいの人でした。

 

母国では高校にいけなかったので、一緒に避難してきた親戚と一緒に、

高校生として看護を学んでいました。

 

彼女が居る授業が楽しみになってきて、

すれ違うだけで心がうきうきして、

気がついたら、いつも彼女のことを考えていました。

 

彼女が誰か別の人といると、居てもたってもいられなくなる。

もう彼女に家に遊びに行く前日なんて、眠れっこない。

そして結局、「好きです」の一言も言えずに、思いっきり凹んで帰ってきた(笑)

そんな恋の思い出で、胸が一杯でした。

 

*        *        *        *

そしてテレビの向こう、口を大きく開けて笑う女の子は、

彼女にそっくりでした。

まだ4歳ぐらいだったと思います。

 

すこしウェーブのかかった、柔らかそうな金色の髪で、

真っ蒼な眼をしていました。

柔らかそうなほっぺ、ちょこんと上を向いた鼻。

ルネサンスの絵画に出てくる、天使を連想させるような、愛らしい女の子でした。

 

マリアナにそっくりな女の子をみながら。

僕は思わず、胸をきゅんとさせていました。

 

ああ、マリアナが小さかった頃は、こんな愛らしい女の子だったんだなぁ、と。

 

そして無邪気そうに笑いつづける彼女について、

レポーターが信じられないことを言いました。

その衝撃が、10年間僕を突き動かし、今の僕を創りあげています。

*        *        *        *

・・・それまで僕は、留学したところで世界は変わらないと思っていました。

 

AFSの、「相互理解と相互依存で世界を平和にするという」理念を

美しい理論だとは認めつつ、

正直、そんなのはただの理想論だと思っていました。

 

留学前の研修中も、留学中も、帰ってからも、

やっぱりそんなことが可能だとは信じられませんでした。

 

確かに留学すれば成長するだろう。世界中に友達ができるだろう。

だけど、それだけで、世界なんて変わりっこない。

 

世界が抱えている問題は大きすぎて難しすぎるし、

悪い奴らだって一杯居る。

そもそも自分にも、大嫌いな奴はいる。

いくら何でも、高校生を留学させるだけで、

何かが変わることなんて、ない。そう思っていました。

 

 

だけど、そうじゃなかったんです。

あれから僕はビジョンを与えられ、

生き方が変わり、行動が変わり、

引きおこすこと、できることが変わったんです。

 

 

*        *        *        *

アフガニスタンの街、瓦礫を背にして、彼女は、ただけらけらと笑っていました。

そして、キャスターがこう言いました。

「この女の子、一見楽しそうに笑っていますよね。 

 だけど、本当は彼女は、楽しくて笑っているんじゃないんです。  

 その日の朝、彼女の家にミサイルが落ちてきて、 

 お父さんもお母さんも、兄弟も、 

 家族全員が吹き飛ばされてしまいました。  

 そして彼女は気が狂ってしまって、それからずっと、笑い続けているんです」

*        *        *        *

 

僕は、どうしても、そんな現実が許せなかった。

 

マリアナにそっくりな女の子が発狂したり、

子どもを持つ母親が瓦礫の前で泣きじゃくったり、

僕の大切な人たちが、殺されるなんて嫌だったし、

僕の大切な仲間が、ミサイルを撃つよう命令されるなんて、

あるいは僕の友達が、自分のフィアンセを失うなんて、

 

どうしても受け入れられなかった。

 

そして今、911から10年後、

コミュニケーション/メンタルコーチングのプロとして、

国連や国際機関で働く人たちが、

よりモチベーション高く、スムーズにプロジェクトを進めていく支援をさせてもらっています。

 

 

僕は得意/不得意の差が激しいからか、

自分にできることを見つけるまでは、

すこし時間がかかりました。

 

 

くじけそうになったときも、自分を責めたときもありました。

だけどそれでも、あのときの思いを忘れることができなかったし、

あのときの願いを、諦めずにいて良かったと思います。

 

 

どんな時だって世界平和を思い続けて、10年。

 

あらゆる人との出会い、あらゆる努力や学び、

失敗と、達成、

恋や、失恋や、趣味や、勉強や、昼寝や、ボランティアや、

旅行や、読書や、おしゃべりや、転職や、喧嘩や、買い物や・・・

あらゆるものが、世界平和を核に集まって、

今の僕を創りあげ、 そして微力ながら、

それでも自信とやりがいを持って、

世界平和のために、動かせてもらっている。

 

 

やり方が分からなくても、はるかに遠い夢でも、

想い続ければ、叶う。

今、そんなことを実感しています。

 

*        *        *        *

そして僕は、あなたの思いを応援したい。

あなたと一緒に、未来を創っていきたい。

 

時には、大きな壁にぶつかるかも知れない。

時には傷つくかも知れないし、無力感に打ちのめされる時があるかもしれない。

自分や人を、許せない時だってあるだろう。

 

それでも僕は、あなたと共に、未来へと進みたい。

 

思いの力を信じ、僕たち自身の力を信じ、

仲間とつながりながら、具体的な行動を取りながら、

共に、新しい未来を創り続けていきたい。

僕は、あなたと共に未来を創りあげる、コーチです。

 

*        *        *        *

僕と共に歩いてくれているあなたへ、

感謝をこめて。

 

これからも共に、歩いていきましょう。

僕はあなたのビジョンが実現すると、確信しています。

 

そしてそれを全力でサポートします。

 

そしてまだ見ぬあなたへ。

僕のまだ知らないところで、世界のために働くあなたへ。

僕はあなたを、必ず見つけ出します。

だからどうか、あなたの夢を、大切に運びつづけてください。

何があっても、あなたの想いを裏切らないで下さい。

 

心許せる人にあなたの夢を語り、

小さなことでもいいから、あなたの思いに即した行動をしてください。

 

そうすれば、僕は必ず、あなたを見つけ出します。

それとも、あなたの思いが、僕を引き寄せてくれるでしょう。

どこにいても、何をしていても、あなたを応援し続けています。

 

あなたは、1人じゃない。

愛と、敬意と、決意をこめて。

2011年9月11日

西田博明

2件の返信 »

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >【子どもと一緒に育つ】コーチ☆まるこさん
    ありがとうございます!うれしいです。
    まるちゃんの想いも、応援しています。
    まるちゃんは、大げさなことは一切言わず、
    いつだって思いを実践することで、
    表現しているなぁと思います。
    そしてそんな姿が大好きだし、尊敬しています。
    お互い、取り組むフィールドは違えど、
    目指す未来は似通ったもの同志。
    一緒に、のぼりのエスカレーターで進んでいきましょう!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中