信じて、歩調を合わせて、リードして。

ヒルズでグローバル教育の先輩と、楽しい会話をして、
ちょっとほろ酔いです。

 

気持ちよく、ちょっと涼しくなった夜道を歩きながら、
「自分自身にもコーチとして関わること」
大切にしたいな、改めてと思いました。

 

今僕が、コーチとしてクライアントに関わるときのように、
自分自身にも関わって行きたい。

 

自分自身に対しても、
この人は、これからどんなすごい未来が待っているんだろうか、
と目を輝かせて、ワクワクした気持ちで見守ろう。

 

自分自身に対しても、
ペースをあわせよう。

 

つらいときは、つらいよね、と共感してあげよう。

ちょっとエネルギーが湧いてこないときは、
「何やってんだよ」なんて毒づかずに、少しの間見守ってあげよう。

自分自身に対しても、
その人らしさを引き出そう。

誰かと比べるんじゃなく、
できてること、進歩したこと、頑張ったことに焦点をあてて・・・

 

自分にしかない輝きを、見つけよう。

 

自分だからこそできる進み方を、一緒に探そう。

 

誰かの作ったものさしに、人を合わせるのではなく、

自分にしか、奏でられないメロディーを、

自分しか、かもし出せない味わいを、

自分しか、紬ぎ出せないストーリーを

その人にしか生きられないその人の人生を、応援しよう。

 

自分自身に対しても、

ゼロベースで、自由な発想をしてもらおう。

 

うまくいったことを探して、それをもっと増やしてもらおう。

いい心の状態で、楽しく前進できるように関わろう。

自分自身に対しても、コーチとして接しよう。

あなたの、あなたの無限のリソースを、

もっともっと発揮して欲しいんだ!

 

あなたには、さらにもっと力がある!

あなたには、さらに素晴らしい未来が有る!

あなたには、それができる!

それを俺は確信をしているし、

何が何でも、それを実現したいんだ!

 

一緒に夢を実現したいんだ!

一緒に未来に向かって、進んで行きたいんだ!

共に進みながら、学び、成長していきたいんだ!

 

そんな気持ちで、

信じて、共に歩きながら、涙と笑いを共有しながら、

時に本気で問いかけながら、

これからも、歩いていこう。

自分と共に、コーチとして。

 

だってやっぱり、

 

自分と一番おしゃべりしているのは、

自分と一番身体を動かしているのは、

自分と一番、苦楽を共にしているのは、

自分自身なんだから。

そして僕は、あなたのことが、結構大好きですよ。

コメントを残す