「そのまんまでいいよ」

「大丈夫。そのまんまでいいんだよ」
「あなたは、あなたであるというだけで、かけがえのない存在。」

そんな気持ちをこめて、人を見ていたい。
そんな気持ちをこめたまなざしで、笑いかけたい。

幼少時の記憶。

洗面台の鏡に向かっている母をじっと見ていると、
母が気づいて、にこっと笑いかけてくれる。

そんな記憶。

僕が小さかったころ、母は僕が見ていることに気づくと、
必ず振り返って、笑いかけてくれた。
その笑顔は、本当に、僕を幸せにしてくれた。

その笑顔が見たくて、じっと母を見つめることがあった。

そしてやっぱり、必ず、微笑みかけてくれた。

あの、輝くばかりの笑顔で。

中学生のころの記憶。

北海道の漁村で、山村留学をしてた時。
平日の寮生活と、休日の里親さんでの生活。

寮では、大人による虐待が行われていた。

睡眠の剥奪。肉体的暴力。言葉による人格の否定。差別。
暴力。虐待。人権侵害。

今だったら掛け値なしに大問題となるような、

人の尊厳を徹底的に奪う状況。

その時に、僕達が息抜きができる場所は学校だった。

全校生徒20人ぐらい。ほとんどが他県からの留学生。
そんな小さな学校で、僕達を対等に扱ってくれる若い教師達。

お互いを支えあう仲間達。
寮生ではない生徒達の、屈託のない笑顔。

そんな学校でも、最も安心できるところ。

休み時間のたびに、みんなでたむろしに行ったのが、保健室だった。

そこは暖かかったし、ソファーがあった。
そして、いつも笑顔の、先生がいた。

名前も忘れてしまった・・・マツシマ先生だっただろうか。

いつだって、笑顔で、僕達のやり取りに突っ込みを入れながら、

笑顔でいた。

あんた何いってんの、とか、大変だね~とか、言いながら、
いつも笑顔で、声のトーンは明るかった。

どれだけ、あの笑顔、あの声に救われたことか。

ただあそこにいて、心地よく放っておかれながら、見守られることが、
どれだけ僕達の心に、人間らしさを取り戻してくれたことか。

今思えば、ただ笑顔だったんじゃないんだろう。

僕達の話を聴いて、許せないと思ったり、
やるせなく思ったり、ただただ胸が痛くなったり、

いろんな感情が去来したんだろう。

それでも、

「自分にできることは、子ども達を信じることで、
彼らがほっとできる場を提供することだ」

そう思って、ぐっとガマンして、微笑んでいてくれたんだろう。

その保健室に置いてあった漫画。

「ブッタとシッタカブッタ」

その2巻めの題名が「そのまんまでいいよ」。

正にその先生は「そのまんまでいいよ」を体現し、
僕達を暖かく見守っていてくれていた。

あの部屋のおかげで、どれだけ救われたことか。

中学生。柔道部の仲間。

僕がどれだけ空気を読めなくても、心無い一言を吐いても、

西田君は発想が凄い、とか言いながら、いつも笑ってくれた。
高校生。留学先のマリアナ。
彼女の笑顔が、異国の孤独感に、日差しのような明るさをもたらしてくれた。。

大学生。フィリピンのプログラムで知り合った、インドネシア人の「姉貴」。
あんたは私の弟だから、なんていいながら、おかずを分けてくれたり、
風邪を引いた僕に、インドネシア風の治療をしてくれたり。

そしていつだって、へーイ、ヒロ~、なんていいながら、笑いかけてくれた。

起業する前の会社の先輩。

「西田君は珍獣だ。一皮むけたと思ったら、まだ幼虫で、
いつになっても飛び立たないんだけど、とにかくおもしろい。」

そんな事をいいながら、いつも眼に笑いを浮かべて、僕を応援してくれた。

チームビルディングの仲間。
いつだって、いつだって、いつだって、
「あなたも自分も、そのままでいい」 をマントラのように繰り返して、
くりくりした眼で、大歓迎してくれる。

コーチング仲間。
僕をチームフローに引き合わせてくれた先輩コーチ。
いつ顔を合わせても、何度挨拶しても、いつも変わらずに、
ただ真っ直ぐに笑いかけて、「ひろさん、応援しています」と伝えてくれる。

僕のコーチ。
どんな時だって、笑顔で、僕の成功を、僕以上に喜んで、
うまくいったことに焦点を当て続けてくれる。
そしてどんな時だって、僕以上に、僕を信じてくれる。

僕のいとしい人。
あなたのぬくもりが、あなたのまなざしが、
笑顔と笑い声の一つ一つが、
僕の心を、どれだけ暖めてくれることか。

そう、いつだって僕は、
あなたたちの笑顔のおかげで、
いつも立ち上がって、進んでいける。

あなたたちが、僕を信じて、僕を好きでいてくれて、
僕の幸せを願ってくれるから、僕は進んでいける。

そして僕も、あなたのような存在でありたい。
あなたのように、いつも優しい笑顔でいたい。
あなたのように、いつも人の可能性に語り掛けたい。
あなたのように、いつも、いつも目の前の人を、心から信じたい。

そう、声で、言葉で、表情で。

全身で。

「そのまんまでいいよ」って、伝えたい。

だって僕達はいつだって、

「そのまんまでいいんだ!」って感じた時、
まだ自分でも気づいていない可能性を、発揮しだすんだから。

そのまんまでいいよって思い合える世界。

ただ相手を信頼して、一緒に進んでいける世界。
微笑を持って、お互いに関われる世界で、僕は暮したいんだから。

そして僕達は自分自身やお互いを責めなくても、脅さなくても、
そんな素敵で大好きな自分自身を、もっと幸せにするために、
そんな素敵で大好きな自分自身を、もっと分かち合うために、

そんな自分の素敵さを、もっともっと表現するために、
「そのまんまでいい」からだって、前に進んでいけるんだから。

満たされた所から、未来を作り出せるんだから。

そして僕はそんな生き方をしたいし、
誰もがそんな生き方ができる社会を、作っていきたいんだから。
これから生まれてくる命たちには、そんな地球で暮して欲しいんだから。

そして何よりも、それが僕の使命なんだから。

僕の使命は、まだ誰も見ていない、
本人すら気づいていない可能性を、
引き出すことなんだから。

そして、僕達人類が取りうる最高の姿を、
引き出していくことなんだから。

だから僕は、あなたのことを信じよう。

あなたが何をしようが、何を言おうが、どんな状態でいようが、
あなたを信じよう。

あなたの可能性に耳をかたむけよう。
誰もまだ気づいていない宝石を探し続けよう。
あなたがまだ現していない光に、眼を向けよう。

あなたの可能性に、未来に、底力に、魂の輝きに、アクセスし続けよう。

僕は「そのまんまでいいよ」を胸に、
あなたの可能性にアクセスするコーチです。

明日は、コーチ養成講座、最後の授業。

新しい旅立ちの日。

そのまんまでいい。そこからはじめよう。

8 comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >喜多見明日香@福島県須賀川市から宇宙に愛を送るプロコーチさん
    こちらこそ、明日香さんの優しさにどれだけ勇気付けられていることか!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    昨夜、全然寝付けず携帯で色々見ていたら、ツイッター経由でここに辿り着きました!
    コーチングクラスの生徒です。昨日はクラス中に泣いてしまってすみませんでした。
    家族の事、クラスメイトの事、思うところはあっても、理解してもらえるように説明できない。誤解されて嫌な奴になる位だったら言わない方がいい。
    家でも学校でも会社でも、そうしてきたのですが、それを変えようと思い始めてから、なんだかおかしいのです。
    今、ミスドでblog読ませていただいて、一人で泣きそうになりました。
    その上、店内に流れる曲はJohn Lennonの「Imagine」ですよ!
    泣いてしまいました(笑)
    先生とお会いできて良かったです。
    これからもよろしくお願いします。
    長々と失礼しました。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >ももりんごさん
    書き込み、ありがとうございます。
    たどり着いてくれたこと、嬉しいです。
    ジョン・レノン、僕も大好きです。小学生の頃から、親が聴いていました。
    イマジンは、中学生のころに歌詞の意味を知って感動。
    LET IT BEは、僕も物凄くきつい時に、ラジオから聞こえてきて救われたことがありました。
    気持ちを聞かせてくれて、ありがとうございます。僕は、ももリンゴさんの涙、いろんな思いの詰まった、大切な涙なんだなって思いながら見ていました。
    泣けちゃうときは、泣いていいですよ。
    少なくとも僕のクラスでは。僕が責任をもって、そういう空間を造ります。
    そして涙が流れるほど何かを感じられる人って、素敵だなと。
    嬉しい涙もあるし、悲しい涙もあるし、言葉にはできない涙もありますが・・・
    泣けちゃう時、泣きたい時は、泣いていいと僕は思っています。
    だって自分を押し殺さなきゃいけない世界って、なんだか寂しいじゃないですか。
    涙も、怒りも、喜びも、希望も、
    僕達の人生には、無駄なものや、無駄な感情なんて、1つもないようですね。
    これから、ももりんごさんに何がおきて、
    どんな素敵な物語がつむがれていくのか、
    とても楽しみに見ています。
    そしてクラスの皆さんも、そんなももリンゴさんのことを大切にサポートしたいと思っているように感じています。
    これからも一緒に、進んで行きましょう!

コメントを残す