ドイツ・スイス2010

スイス6日目:稽古・迷いつつ散歩

スイス6日目。

セミナーはなくて、両親はすでにルツェルンへ旅立っていて、休日的な感じ。

と言いつつ、多分10キロ近く歩いた。

 

ゆっくり寝て。

 

昼頃に、前日に参加しそこなった武道の稽古に遊びに行く。

 

 

普段やっている合氣道とは違った感じでおもしろかった。

道場も立派な所で、なんとたたみもあるし、シャワー室もあるし。

板張りの部屋もあって、ちょっとした武道館風。

 

 

結構動いて、汗をかいて。

そこの門下生?の人と少しおしゃべりして、

 

 

街をうろつく。

地図を持たず、ウロウロ。

お店を冷やかしてから、お昼ごはん。

 

ここの地ビールは僕好み。飲みやすくて香ばしい。

 

入った所のおばちゃんがすごく素敵な優しい眼をした人で、嬉しくなる。

 

 

料理もおいしかった。

地球の歩き方を持った日本人がちらほら。

 

大聖堂・・・

 

荘厳な石造り。

 

 

こういうところで、信仰のみを伴侶に一生をすごした人がいたんだな。

何を考えて、何が喜びで、何が苦しくて、

この回廊を歩きながら、一体何を思っていたんだろう?

 

石畳の町。

 

 

坂、階段、手をつなぐカップル、子ども、おばあちゃん。観光客。

教会の前の公園には、迷路模様。

教会で見られたりする円形の奴。

これも瞑想の一種だったらしい。

 

自分も歩いてみる。

 

 

ずっと前歩いたときは、大学生で、

 

恋をしていて、合氣道のことばかり考えていたな。

色々と歩く。

 

 

そのうち本当に迷う。

なんとなく方向はわかっているから、

適当に歩く。

 

 

でっかい教会に出くわす。

入ってみると、ピアノの音が!

それもかなりすごく上手な人・・・というか、

 

多分ピアニストの卵かな。

 

即興なのかなんなのか、

 

 

教会中に音が溢れてる。

 

お礼に折り紙を渡して、教会を出る。

 

 

そろそろ帰らなきゃ、意外とかなり間違った所にきてたりして

思いながら歩いていると、

壁に区切られてその向こうに緑が。

 

 

壁に格子があって、壁の先が見えるところがあったから見てみると、

なんと、50メートルぐらい先にゾウがいる。2匹。

 

 

さすがにのけぞる。

 

いつの真にやら動物園までたどり着いていたらしい。

さすがに予定外で、真剣に帰る道を探し始めようとしたら、

 

電車の音が。そして動物園のさらにもっと先にバーゼル駅が。

 

ほっとしてそちらに歩き出す。

 

途中で栗を買う。マロー二。100グラム3スイスフラン。

天津甘栗よりも大きくて、ほっくらしている。

味付けがされていなくて、自然のあじで、

僕はこっちのほうが好きかな。

 

栗のはいっている紙袋がおもしろくて、

横にポケットみたいにもう少し小さな袋が貼り付けられている。

どうやらここに、むいた皮を入れて行けということらしい。

 

栗を食べながら歩いて、やっと駅にたどり着いて、

 

さらに歩いて、ピーター家へ。

夕食はシンプルにパンとハム。

おしゃべりをして、暖かいシャワーを浴びて、寝る。

カテゴリー:ドイツ・スイス2010

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中