メヴラーナ 七つの言葉

メヴラーナ 七つの言葉

1.許しと救いは流れる水のごとく

2.愛と慈悲は太陽のごとく

3.他者の欠点を覆うには夜のとばりのごとく

4.怒りと苛立ちは死のごとく葬り

5.大地のごとく、謙虚であり、

6.海のように、寛大でありなさい

7.あるがままの自分であり、外側から見られる姿、そのままであるように。


るうの雑記帳」及び「ふしぎ大好き 旅日記」を参考に編集を加えた。


メヴラーナとは、1207年アフガニスタンに生まれた
イスラム詩人であり神秘主義的哲学者で、

イスラム神秘主義の一派にメヴラーナ教団と言うものもあり、
回転するダンスで知られているようです。


初めて知ったのは、大学の最終学期に取った
conflict resolutionの授業だっただろうか?


平和学をやりたいと思って入学し、
結局最終学期にやっとそれらしい授業を取ったんだった。

 

なんだかかっこいいコメントをつけたいんだけど、
もう、何も付け加えるべきことはないや。

コメントを残す