叫び

いのちを大切にしよう。

それだけだったんだ。

氣とか、エネルギーとか、
ヒーリングとかトランスパーソナルとか

そんな事はどうでもよくて

いのちを大切にしよう

それだけだったんだ。

俺がうまれたときに
そのなきごえで
この世界に訴えようとしていた事は
言葉にできずに
泣き叫んでいた言葉は

いのちをたいせつにしよう

それだけだっんだ

「『いのちを護る』、 そのためなら、俺はこの命を賭けられる」

そう思うだけで、 涙がでてきそうになる。

~当時のmixi日記より2017年に転載~

コメントを残す